2005年11月19日

明日は CHU CHU♪

今日の2限はゲストスピーカーを招いての授業でした。
うーん、確かに敏腕なのかもしれないけれど、
あまり友達にはなりたくないなぁ。

夜は久しぶりに渋谷に行ったんだけど、相変わらずオシャレな人が多い。
待ち合わせ時間より早めについたので、しばし待ち。
あー今自分の周りにいる人は、
自分と全然違う人生を歩んできて
様々な思いを抱えながら今日を生きるのね・・・
とぼんやり考える。

夜の渋谷を歩いていると、どこか懐かしい。
そろそろ「あちら側」には戻れなくなり始めている自分がいることに気付き
感傷とも違う、どこか複雑な気持ちになる。
それは昔読んでいた漫画を
久しぶりに見たときのような気持ちなのかもしれない。
記憶にはあるけれど、
どこかリアリティが欠如している感じ。

進路の問題が少し進展しました。
そのせいか分からないけど、今日は歩いているとなぜか
ブギートレイン'03を口ずさんでしまいます。

そんな金曜の夜。
posted by クニ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

Crunky!

タイトルに意味はありません。

お昼に2食で610円分食べたのに、
懲りずに3限後メトロで天丼食べたりしてたら
あっというまにお金がなくなりそうです。
あ、今メトロでは、丼か定食にプラス70円でドリンク飲み放題できますが
(12月までだったかな?)
まあ70円で妥当かな、って感じです。
一度に入れてくれる量が少なすぎなんですけど・・・ジュース薄いし。

以上学内ネタでした。


今日は楽しぃゼミの日。九時スタートでも行きます。
あー来週大丈夫かな・・・。ついていけてるんだろうか。

塾のY先生(19)かわいい。
小説の冒頭で、主人公の姉が死ぬの読んだだけで泣いちゃうなんてピュア過ぎだよ〜
今度家に誘っちゃおうかしら?「家遠いんでしょ?」みたいにw
何気に野球サークルなのもポイント高いわ。

自分は飽きっぽいのかな?とも感じた一日でした。
とりあえず月曜日まで頑張ろう!

今日はオナニー日記ですいません(^^;
posted by クニ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

IN THE ROOM

051117_0238~01.jpg


プリントと服と本で足の踏み場もなくなってしまった・・・。
部屋の散らかり具合は精神状態を表すと言われるけど、
散らかったモノに囲まれているのもそう悪い気はしなかったりする。
ただ、いざという時に必要なものが見つからず時間を大幅にロスする
(もしくは見つからずもっと大変なことになる)事態は非常に困るので
明日にでも片付けるかな・・・
荒れた家庭を立て直す始めの一歩は部屋を片付けることから始まる、
って聞いたことあるけど、
その説に信憑性があるなら、今の状態は良いわけではないのだろう。

今日はカンサンジ○ン先生の授業で、6カ国協議についての感想文を書いてみた。
時間がないので新聞記事等の資料は友達にもらう。
最近人に助けてもらうことが多い気がする。
まー各社により書いてある事が結構違いますね。改めて認識。
僕は政治にはあまり関心が持てないのですが、彼の話は面白いと思います。
どこか、マイノリティーからの視点に起因しているからかもしれないからでしょうか。
まあ、「自分が絶対正しい」と思うことは大事なことでもあるけど
同時に気をつけないといけない落とし穴を作ることでもあるなーと思う。

関係ないけど、その人に備わっている可愛さというものは
半普遍的ものなのかも、と今日思った。
例えば僕が24歳になって、
「今日からアラブ人になりまーす」
とか言ってマフラー頭に巻いたりしたらカワイイかしら?
まあ男女の差もあるんでしょうけど。。

明日着ていく服を決めるのに30分使ってしまった。
だって明日は司会やるんだも〜ん。

ちょっと時間に余裕ができるとこれだわ・・・
posted by クニ at 02:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

昼休み、二食後、図書館

やっと一山乗り越えた〜
今日の発表、準備している時はつまんなくて
胃がムカムカして吐きそうだったけど
その後の質疑応答では活躍できたかも☆
(みんな終了時間延ばしてごめんね)

先週から怒濤の忙しさです。
とか言ってる時点でビューティークライマックスは始まりませんね。
バイトしつつ教習行きつつ学校週5で行ってた頃を思い出した・・・。

週末に国際展示場近くのPanas○nicセンターに行ったんだけど、
あそこの土日のコンパニオンバイトは絶対割が良いと思う。楽。
日曜日は最近の自分を言い当てられた気がしてハッとする、
確かに英語できればいろんなことが解決する、みたいに考える傾向があったかもしれない。
以前にも似たようなこと 書いたけど、
忙しくて目先の事ばかりにとらわれてしまうと、
大きいスパンでものを考えるのが難しくなるかもね。
時々はreflectionタイムを設けなくては。

今日学校に水泳道具持ってくるんだった〜
posted by クニ at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

やりきれない。

ぐぎー悔しい!
明日のゼミ用のコメント、うまい事が書けない。
まあ、一年の経験の違いが顕著に現れることは
日々の経験から実感してはいるのですが。

今やってることは、学科の卒論に生かすことは難しそうです。
あーあ。

でも、学科の友達とか先生は結構親身に教えてくれたり相談に乗ってくれたりして。
内心嫌々やってる自分がなんか申し訳なくなる。
あーなにやってんだろ自分。

またも面白そうな企画がメーリスで流れてきました。
今度は半年がかり。
いつものことだけど、学科の勉強とはあんまリンクしなさそうです。
今までの経験とか、普段の活動とはつながるんだけどね。(分かりにくい)
来年、卒論書きたくないなぁ・・・

P.S.
久しぶりの六本木ヒルズはイルミネーションがきれいだった。
広場の蜘蛛はMAMANというらしい(スペル違う鴨)
posted by クニ at 03:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

一日覚え書き。

今日は人とたくさん話した気がするので。

携帯のアラームを3段階(スヌーズ機能つき)に設定するも、
辛くて1限に間に合う時間には起きれず。
超頑張って早起きしてまで受ける価値のある授業だと
そこまで感じられないのも原因ではある・・・
(受けないよりは受けてたほうが絶対良いんだろうけどね)

2限から登校。ちょこっと発表する。
その後の自分の発言が、ゼミで扱っている分野と微妙にずれていることに気付き
少し寂しくなる。

一緒に発表したギャル系M子(本人曰く、「この年でギャルはない」とのこと)と、
これまた学科のお姉系と、日本語ペラペラ留学生の友達とお昼を食べる。
そろそろ面接受け始めてるみたい。
イベント系のバイトがあるからって授業全ブッチするのはどうよ(^^;
まあ、就職するなら学業へのモチベーションはそんなに上がらないのも分かる。
これから面接に向かうM子と、上野に買い物に行くというお姉系+留学生と別れ
学内の某センターへ。

うちの大学の留学生と日本語で話して色々相談に乗ったり友達になったりするという
企画をやってる部署があって、そこに登録してたんだけど、この度遂にオファーが来た。
待ち合わせして一時間くらい色々話したんだけど、
これまで歩んできた道のりも聞いてて楽しいし
相性良さそうだし、良い関係が築けたらいいな。
何気に外見も僕的には悪くはない(笑)

勿論日本語は完璧ではないので
(まあ、6ヶ月やっただけでこれだけできるのは凄いけど)
話してて分からない部分は英語になる場合もある。
日本語で会話しているとどうしてもかわいい(≒幼い)印象を持ってしまうのですが
流暢な英語で話されると印象変わりますね。
気をつけなきゃ。

授業に戻り、終了後Kちゃんとヒサビサに話す。
どうにかなるかなーと思っちゃう面がないわけではないが、
一応最悪の事態を想定して動きます。

いつも通り赤門を食べ、プールで泳ぐ。
今日は一人で1コース使えてよかった!

軽い運動の後の心地よさを感じながら、今まで行った事のない課を覗いたり、
必要な資料を印刷したりしつつ5限へ。
ホントは同じ時間に開講されてるガッカンの授業に出たいのだけれど、
通年科目だから辞められない。

終了後図書館に行き、また発表の準備。
不本意分野でも、学ぶものはあるハズ。

夜、食堂で久しぶりに某G先輩に会う。
まあ、幸せそうで何よりでございます。

K氏からの電話を受ける。
今週末は夜通し作業だね♪久しぶりに会えるのも楽しみにしてます。

結局閉館までダラダラ粘る。
Iくん、アドヴァイス役に立ったけど、多分発表、kind of クソっぽいです。汗

トイレでゼミの先輩に合い(最近ファッションが微妙にかぶるw)
その後約40分歓談。
絡み酒。かぁ・・・
今度是非見学させて頂きたいです☆

帰りの地下鉄で、この前中野ブ○ードウェイで100円で買った
globeのアルバムFaces Places を聞きつつ、
明後日コメントしなきゃいけない人の文章に目を通す。
ふと、耳からイヤホーンを外してみると
いつのまにか自分も音漏れする側に回っていたことに気付く。

家に帰って、頼まれていたモノを軽く書く。
あ、まだMixiのレスしてない。

自分なりにフル稼働したつもりの一日。
結構完璧なハズだった。
そう・・・バイト先の講師ミーティングを忘れさえしなければ。
手帳に書いてたのに、目立たないところだった 
+発表のことで頭がいっぱいだったのが原因らしい。
参加費3000円と弁当が〜(泣)
posted by クニ at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

思いを言語化すること〜ヒソーリと一周年〜

そのときの気持ちを言語化すること。
しばらく、何となく、遠ざかっていた気がする。

考えてはいるけど、なぜか書けない。
そう書く気も起こらない。
それは以前より、
自分の気持ちを言葉にして人に伝える機会が増えたからかもしれない。
鬱屈した思いを抱える事も、以前より少なくなったかもしれない。

でも今日は「わからないなー」と思う。

中学校・高校の頃、周囲の生徒の幼さにうんざりしていた。
特に中学は公立だったからなー。
公立だからといって不良にもなりきれず、
スケールの小さい子ばっかりだった気がする。



―――――――



ふと気付くと、周囲は自分の前にいた。


特に大学に入ってからは、あれ?自分って幼い?ということを
薄々感じ始めるようになった。
まあ今もですけど(笑)

一重にそれは「経験の違い」に起因するものだろうと思う。

では、その「経験」は各自どうやって選択し、
どうやって通り抜けて行くものなのか?

人格の形成速度、形成度合いは人それぞれ違うなんて自明のことだけど

同じ年に生まれたからって一くくりにされて、
多くの人は12歳か15歳で最初の受験を経験し、
18歳で大学に行くかどうかを決め、
大学に行けば4年後に就職する。
これはあくまで大きな流れ、であり、
僕が今現在何らかの形でつながっている人は大体このパターンに当てはまる。
ということでもある。

そして、個人の資質に関わらず、人はこれらの節目で選択を迫られる。
別にどの年齢で選択をすべきなのかは一人一人違うわけであって、
どうしてみんなで一斉に選択しなきゃいけないのかな、と思う。
例えば18歳で選択をすることが、全ての人にとってベストなものとは限らない。
16歳で自分の進むべき方向を悟っている子もいておかしくはない。
でも結局高校にいた場合、18歳まで待たなければいけない。

小・中学校の時に学校に行かない子は「登校拒否」のレッテルを貼られ、
それレッテルと格闘するのに親も子供も苦労する。
自分を語る時、自分を意識する時にまず「登校拒否である自分」から始まる。
浪人生は「浪人生である自分」
留年生は「留年生である自分」
を第一に意識して/されてしまう傾向がある。

そして、自分はそうでないという事実にどこか安心してしまう人がいる。


思うに、僕達は人生のそれぞれの局面において
「大多数の安心していられる社会的立場」か「そうでない」かの
2種類に分けられてしまっているんじゃないかな。
当たり前のことだけど
ある時点において大多数が所属しているものに属し、
そのことについて特に大きな苦労も疑問も持たない人間と
それに疑問を持ってしまう人間がいる。

大抵にして疑問を持ってしまう人間というのは、
その集団の中においてうまく行っている可能性は低いので
そんなことで悩むな、そんなことで悩むんじゃないという意見が権力であり、
そして正論になってしまう。

でも、「そんなこと」は後の世になれば重要なことになるかもしれないし
物事の本質を突いている!と評価されるかもしれない。
要するに、価値って相対的だなーと最近感じるのです。

「そろそろ就職だね」と言われて
「いや、就活しませんから」と答えると相手は一瞬困惑し
「じゃあ、どうするの?」と聞く。
「大学院行きます」と言うと
「やめた方がいいよー。大変だよー。お金どうするの?」と即答される。

気になるのは、大して僕のことや、大学院の実態を知らないで
「ダメだよ〜」と決めつけてかかる人が多いということ。

確かに院に行って勉強を続けるのは大変だろうし、
実際お金をどうするかは重要問題でもある。
実務経験ない人は確かに社会に出たとき使えないかもしれないけれど
そもそも実務経験がそんなに大事なのかしら?と疑ってかかる事も出来る。
古来「労働」は卑しいものではなかったですか?
「仕事」をこんなに尊い存在と考えるのは、日本の特殊性とは指摘できないですか?

ちょっと考えると、今までの教育費に費やしてきたお金
そして世間の家庭が教育に費やす金額に比べれば、
院の学費がそう大きいものだとは思えない。というのが正直なところです。
私立に四年通うのと同じくらいじゃない。
例えば僕の高校は年間120万円くらいかかりました。
でもたまに塾とか行って、浪人して。結局莫大なお金がかかりました。
高校の授業料に関しては無駄だなーと思ってた。
でも親はそれに対して特に文句も言わなくて。
大学に入った時も「もう勉強は(しなくて)いい」って言って。
その時は「そうかー」と納得したけど、
今思うと(゜д゜ハァ? って感じ。
たまに疲れるけど、向上心なくしたらダメでしょ。

それで院に行くと言ったら「学費は出さないからな」と怒りながら言う。
なんでそんなに違うの?

今考えると、それは一流大学→一流就職という、
世間的に見て順調な流れに乗せるためであって
その流れのためにはお金を惜しまなかったってことかな。
院に行くのにこんなに反対されるのは、ある意味普通、
の人生レールから外れることであって
そこが特に父親にとっては気に食わないんだろうな。


彼はいつも僕の人生の選択時において口を出してきた。

中学受験はするな、付属高校に行ってはダメ。私立の大学に行ってはダメ。
宗教学科に行ってはダメ。実務経験がない奴は話にならない。
お前みたいな甘い奴がオーバードクターになる。コンサルやれ。

普段は「お前の好きにしなさい」と言いながら
結局この調子。性質悪い。結局父親の手の中で踊ってる感じ。
大体にして彼の言っていることは、間違ってはいないのが憎い。

「自分の人生生きてる気がしないよ!」と半泣きで言ったときもあった。
今でも面と向かって議論はやりにくい。やっぱり怖い。
でも、これだけは言えるのが


自分で決定しないと、後で絶対後悔する


これも当たり前のことかもしれないけど、
その時は父親の言う理由で自分を納得させても、
いざうまく行かなかった時に親のせいにしてしまうし、
自分の足で立ってる気がしないものです。
薄ぼんやりとは分かっていたけど
この年になるまでハッキリとは自覚してませんでした。

以前にも書いたけど、もう今までの経験や、
それを通して作られた自己と完全に乖離するのは
限りなく不可能に近くて、
おそらく一生そのことで悩むかもしれないけど
大事なのは、今からどうできるかということ。

自分がどういう人間なのかは自分で考えるべきだし
そこでどういう行動に出るかは、自分で決めること。

「どこの家だって大抵我慢しているものなのよ」と言って、父親の横暴に耐える母。
確かに、どこの家庭にも問題はあるかもしれない。
でも、だからと言って今自分が抑圧され、
傷つけられていることに耐えるだけでいいのだろうか。
みんなが悩んでいることと、自分にとっての悩みは違うかもしれないし、
同じことで悩んでいたとしても、人によってその悩みがどの位重要で、
どんな側面において悩んでいるかは違うでしょう。
専門学校卒業の母親は、大卒の父親に明らかに見下げられていて
自分が金稼いでいるのだから、と威張る父親の言いなりで
何か問題が起きた時でも
「自分さえ我慢すれば」というスタンスな母親を見てきて、
僕は昔からとても歯がゆかった。
何か問題が起こったときは、ただ我慢するだけじゃなくて
その原因を考えて、
じゃあどうすれば改善への道が開けるか
マネジメントを習っていなくたって少しは考えるべきでしょう。

でも、その原因自体が社会の権力構造によって正当化されてしまっていて
何となく「居心地悪さ」だけを感じてひたすら耐えている人もいると思う。
そんな「居心地悪さ」を明快に説明してくれたのが社会学だった。
残念ながら社会学は解決法までは教えてくれないけど、
現状の自覚に関してはとても有効で面白い。

実際母親はとても優しくて、気も効いて、素晴らしい人だなと思う。
でも、情けないことに僕も母親をどっか軽蔑してました。
馬鹿だから、と。
父親が馬鹿にしているから、と。
これは妹に関しても言えるかな。

こういう、
ある一義的価値によって「自分より劣っているから」と人を判断し(not多面的)、
イラついたときには攻撃しながら生きるのってとても醜いし、
ある意味非人道的じゃないかとさえ今は思う。

そして、その視線は自分自身にも当てられる。
だから、人より点数良くないと不安。人より認められないと不安。
人より良い学校に行ってないと不安。自分の評判が気になって不安。
これが、今まで僕が感じてきた「不幸せ感」「自己肯定の低さ」の原因だと思っています。

人より優れた結果を出さないと、その行動は無意味だと思っていた。

だから、高校のとき、レギュラーにもなれないのに
毎日一生懸命部活の練習している友達を見て、
同じ努力を勉強に費やしたほうが明らかに効率いいのに、何考えてんだろ?
と全く理解できませんでした。

すべてにおいて人より優れることなんて、
よっぽど才能に恵まれた人じゃなきゃ無理だし
頑張って目指すべきものではない(と今の僕は思う)。
それよりも、
「自分は何をしたいのか?」「そのためには何を頑張ればいいのか?」
を行動を通して考えて、その目標なり生きがいに向かって頑張ればいいんだと思う。
バランスが難しいけれど、人の話に影響されすぎたっていけないと思う。




あなたは、何がしたいですか?





ちなみに、ブログを始めた頃はこんな感じでした。
posted by クニ at 01:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

ちょっと愚痴モード

新学期が始まってからというもの

これまでに発表4回、ワークショップ1回
明後日もまた発表。
基本的に楽しいんだけど、中にはつまらないものもあり結構大変です。ちょっと凹みます。
院生になったら毎月これくらいやらなきゃいけないのだろう。
まあでも講義は結構サボったりしてるんだけど。
シンガポールに行ったのが、もうずっと昔のように思える・・・
最近、だらだらのんびりお茶してないなぁ。
昼間、遊びにも出かけてないなあ。


ということで昨日はMixiやりつつ、ふるーい文献と格闘していたのですが、
風邪が悪化したっぽいので朝六時に就寝し、
途中電話で起こされたりして気付いたら午後3時。
まあちゃっかり九時間寝ていたわけですがw
とりあえず11月は第3週までに約4回発表があるので、それ以降は少し楽になるかな・・・
       
posted by クニ at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミーッ☆

いつもどおり昼頃起きて、あり合わせのものでブランチ。
昨日本郷三丁目の駅前に、自転車を鍵をかけたまま置いてきてしまっていたので駅に急ぐ(じゃあ早起きしろって話だけどw)
改札通って、自転車置いた場所に向かう時、一瞬、試験の結果発表の気分を思い出す。
あった〜あったよ。今日はツイてる!!!


夕方には代官山で発表ミーッ☆(ギャ●の革命風に)
メンバーの一人がバイトしてるお洒落カフェだったのですが
なんと食べ物飲み物半額で頂けました♪ありがとうございます!
(って本人これ読んでないけど。笑)

今回のミーッ☆前にはちょっと事前準備して行ったのですが、
2・3人の時はいいけど、大人数になると話しづらい・・・
今回も途中で失礼し、恵比寿駅に向かう。
どっかのクラブイベントがあるみたいで、物凄い数の人が並んでました。
数百メートルくらい。
そんなに凄いイベントなの?少なくとも、並んでいる人を見る限り微妙そうでした。

山手線に乗り、新宿へ。
久しぶりのサークルの集まり。
今回はサークルを取り巻く社会的変化が顕著に見られました。
少し驚いたけど、流れとしてはいいんじゃないかな。

折角、同じ学校で、同じ属性を持って、そして皆時間を割いて同じ場所に集まっている。
OFFの世界だけじゃなくて、ONの世界でもできる部分は協力していければいい。
そういう「関係」を生み出す「場」になればいい。

ある意味、運命共同体な側面もあるのだから。


posted by クニ at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

Lo go s

昨日は夜全然眠れなくて、一週間で一番楽しみにしている授業(2限)を
寝ブッチしてしまいました。ショック。
気付いたら10時半とか、あり得ない。
速攻準備して行っても、学校着くのは約45分後だもんなー。
もっと強力な目覚ましを買おう。100円で。

あーまだ筋肉痛が治らない。
トレ後の有酸素運動の大切さを思い知ってます。
腕を動かすのもつらい・・・

今日は素敵な院生の先輩二人と、
これまた素敵な隠れ家的レストランでランチしてきました♪
段々clearになってきた!
行動は勿論自分でしなきゃだめだけど、
人との出会いによってかなりinspireされることも多いので、
色んな形の出会いを大切にしたいなーと思います。

頂いた某学術雑誌にも目を通してみる。
面白い、が最後まで読むのは正直大変(笑)
ただ気のせいか、以前に比べれば、論文とか
人が言ってることを理解する力は上がってきたような気がする。
脳みそが鍛えられてきた?

明日は某交流系イベントに参加してきます。
なんか緊張するな・・・
posted by クニ at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。